不動産活用とは保有している遊休不動産の持つ本来的な価値を引き出す作業をいい、当該不動産の価値の最大化することをいいます。たとえば、単に土地を更地として保有しているだけなら、固定資産税、都市計画税、草刈費用等の管理費がかかってきます。これを駐車場として賃貸すれば毎月賃料が入ってきます。更に、この土地を建物所有を目的とする土地貸借に供せば、より高額の賃料や一時金(敷金・礼金・補償金等)が入ってきます。

より有効な不動産活用を考えるなら、更地にアパートを建てて賃貸すれば更に安定的且つ高収入が得られる可能性があります。ただし、駐車場としての市場性がないような地方市町村や、アパートの需給関係が供給過多となっているような地方都市では、整地して駐車場を造ったり、アパートを建築しても費用倒れとなる場合があるので、有効活用を進める場合には、当該不動産の存する地域の不動産市場を良く分析して不動産活用を行う必要があります。

また、遊休不動産の不動産活用を行う場合には、その不動産のもつ都市計画法上の制限・規制や建築基準法上の制限・規制についての調査も十分に行わなければなりません。土地によっては、都市計画により、建物の建築を行う場合に許認可が必要となるような地域があります。場合によっては建築が出来ないような土地もあるので、その場合には隣地を併合したり、または隣地所有者に買い取ってもらうといった戦略が必要となる場合があります。

Share on Facebook

土地を所有してるだけでは、まったく価値はなくなりました。なぜでしょうか。それは、昔と比べて土地の価格は上昇しないからです。今現在では、ほとんどの土地の価格は下落したままです。まさに、土地神話の崩壊ですよね。なので、土地を持っていても、将来的に現金収入は見込めることはないのです。しかしながら、一部のエリアだけではありますが、土地価格の下げ止まりが見られるようになってきたのは確かです。とにかく今後は、不動産活用するしかないのです。<br/><br/><br/>土地というのは、保有しているだけでお金がかかっってきます。それは、税金です。固定資産税や都市計画税がかかります。しかも、毎年多額の税金が取られていくのです。怖いですよね。その後の、相続税も心配しなければなりませんね。今後は、大増税時代に突入していきます。こればっかりは、どうにも止まることはないでしょう。なので、今のうちからしっかりと不動産活用をして、資産の管理をしておかないと、大切な財産が没収されますよ。<br/><br/><br/>とにかく、土地は持ってるだけではなにもはじまりません。いかに土地を有効活用できるかにかかっています。ではどうすればいいのでしょうか。まずは、いろんな不動産の専門家の方々に、不動産活用について教えてもらうことですね。大事なのは、複数の専門家に尋ねることです。そうすることで、失敗が軽減されます。専門家と称して、ただ営業を勧めてくるだけの輩もいますので、注意が必要です。不動産屋さんにダマされないように気をつけましょう。<br/><br/><br/><br/><br/><br/>

Share on Facebook

空室になっている不動産は、活用しなければ不動産の劣化を招いてしまうと思います。たまには使わないと、いざ使おうとしたときに使えないなんてことになると思います。タダで貸し出していたとしても、メンテナンスと考えると不動産活用として意味があると思います。不動産は使っていてこそ意味のあるものなので、どんどん不動産活用を進めていってほしいと思います。貸しているほうにも、プラスの側面があるのではないかと思います。なぜ進んでいる印象がないのでしょうか。

家も、たまには風通しなどを行わなければ、劣化していくのではないかと思います。不動産を多く持っている人だと、風通しのために回るのは面倒なことなので、このようなことこそ誰かに行わせたほうが良いのではないでしょうか。そこで、不動産を誰かに貸し出すことだけでも、利用者が風通しをしてくれるので不動産活用の恩恵となると思います。無料で貸し出しているからとって、そんな要素ばかり考えるのではなくもっと良いと感じる側面を考えることも重要なのではないでしょうか。

大震災の結果、不動産活用は進んだと思います。それが本当に一般的になるかはこれからしだいなので、もっと進めてほしいと思います。公共的な不動産は、どんどん開放してほしいです。それで助かる人がいるのであれば、本来の不動産の姿だと思います。これがひとつにきっかけになって、不動産活用について議論が深まっていってほしいです。いつどんなことが起こるか予想がつかない状態では、不動産の存在感が高まったのではないでしょうか。もっと考えたいと思っています。

Share on Facebook

駅前商店街や中心市街地の空洞化が議論されるようになってからたくさんの時間がたちました。それでも尚、廃れていく商店街は全国に数多い現実。特に地方都市ではその傾向が強く現れています。大手ショッピングモールの進出なども大きく影響してもはや歯止めが利かない状態と言えるかもしれません。商店街を歩けば人も少なく、シャッターが降りている店舗の多いこと。ひどい場合にはお店が車庫のようになっていて商店街の景観にも影響しています。こういった場合、上手く不動産活用出来ないものでしょうか。

難しい課題であることはわかっていますが、これではあまりにも寂しい気もします。今までの町の中心は駅前だという発想を転換出来ないでしょうか。現に私の住む町の近隣では分譲マンションが駅前に建てばすぐ完売していますし、駅前の需要そのものは確実にあると思います。ただ、今までのようなものが求められているのではないのであれば現代のニーズにあったものをリサーチし提供することが重要になってくるはずです。郊外のショッピングセンターと同じサービスが果たして商店街に必要でしょうか。

現在使われていない不動産活用をもっと深く考えると、答えが見えてくるかもしれません。立地のアドバンテージを生かしつつ大手が出来ないきめ細かいサービスを模索すれば、可能性を秘めた不動産活用による商店街復活の道も拓けるはず。オーナー自ら商店などを経営しなくても、住民の求めるサービスを提供できる企業や人を誘致することも1つの方法かもしれません。今までのように何でも揃う、よりも何か特徴を打ち出して特化していく形。これが今後の明暗を分けるように思えて仕方ありません。シャッター街、利用されないまま廃れていく物件。こういった不動産活用が活性化していく事を心から願い、自分にも出来る事を探していきます。もう一度活気のある商店街を思いながら、

Share on Facebook

大震災で家を失ったり避難してきた人に、宿舎などを貸し出すというものがありました。これが、不動産活用だと思います。無駄にあいている部屋を役立てることができるならば、会社としても社会貢献しているので良いことだと思います。これに限らず、何かあったときには貸し出すなどして、どんどん不動産活用をしてほしいと思っています。ただ経っているだけでも不動産は役に立たないので、これからは空物件の活用が重要な時代になると思います。

今までは、不動産活用の実績がいまいちだったと思います。ホームレスが増え続ける原因にもなっているのではないでしょうか。もっと、無駄に空いている部屋などを社会のために開放しても良いのではないかと思います。所有者にとって、不動産はどういう存在なのか分かりませんが、社会の役に立つとしたら協力しても良いのではないかと思います。不動産業界はイメージが良くないので、イメージアップのためにももっと社会貢献していってほしいです。

不動産活用するとしたら、国の補助のようなものが必要だとも思います。貸している期間は利益を生まないわけですから、その期間の扱いをどうするべきかが重要だと思います。社会貢献だけさせて、金銭的負担を増やしてしまっては不動産活用につながらないと思います。そうならないためにも、もっと補助について考えてほしいです。家は、生活にとって一番重要なものであるので、家のない人に積極的に貸し出してほしいです。それが、不動産活用だと思います。

Share on Facebook