マンション投資と地震について

マンション投資は、今では一般の会社勤めの方でも、オーナーをされている方が大勢います。マンション投資というと、深い経営ノウハウを持った一部の投資家だけのものというイメージが長年強かったものですが、最近ではマンション投資に参入するサラリーマンの方も多くいます。しかし、マンション投資をする場合、多額のお金を投資することになります。他の投資方法とは違い、マンション投資は、投資金額が大きな投資方法の一つです。

マンション投資をすると決めたからには、誰だって失敗をしたくないものです。失敗をして多額の借金を背負うことになってしまっては、サラリーマンにとっては大きな負担になってしまいます。特にこの度の震災でマンションの耐震性を心配している方も多いのではないでしょうか。耐震性に着目した場合、賃貸マンションでは特にワンルームタイプのマンションの方が強度が強いと一般に言われています。部屋数が多いほうが、壁の数も多くなり、強度が増すためです。

賃貸マンションの投資を考えておられる方の多くは、ワンルームタイプを考えていると思います。賃貸マンションを一戸建てたときに、部屋数が多いほうが、空き部屋が出た時のリスクを減らすことができます。そういった点を考えると、賃貸マンション投資は地震の際にもリスク分散できる投資法だと言えると思います。また、特に気になる方は鉄筋コンクリートで建てられると、より強度を持った賃貸マンションになります。

Share on Facebook