不動産活用とは保有している遊休不動産の持つ本来的な価値を引き出す作業をいい、当該不動産の価値の最大化することをいいます。たとえば、単に土地を更地として保有しているだけなら、固定資産税、都市計画税、草刈費用等の管理費がかかってきます。これを駐車場として賃貸すれば毎月賃料が入ってきます。更に、この土地を建物所有を目的とする土地貸借に供せば、より高額の賃料や一時金(敷金・礼金・補償金等)が入ってきます。

より有効な不動産活用を考えるなら、更地にアパートを建てて賃貸すれば更に安定的且つ高収入が得られる可能性があります。ただし、駐車場としての市場性がないような地方市町村や、アパートの需給関係が供給過多となっているような地方都市では、整地して駐車場を造ったり、アパートを建築しても費用倒れとなる場合があるので、有効活用を進める場合には、当該不動産の存する地域の不動産市場を良く分析して不動産活用を行う必要があります。

また、遊休不動産の不動産活用を行う場合には、その不動産のもつ都市計画法上の制限・規制や建築基準法上の制限・規制についての調査も十分に行わなければなりません。土地によっては、都市計画により、建物の建築を行う場合に許認可が必要となるような地域があります。場合によっては建築が出来ないような土地もあるので、その場合には隣地を併合したり、または隣地所有者に買い取ってもらうといった戦略が必要となる場合があります。

Share on Facebook

No comments

No comments yet.

Leave a comment

HTML enabled

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)