ペットと一緒に暮らす一戸建ての生活

一人暮らしで猫を飼っているのですが、ペット可のアパートやマンションというのが、ペットブームの今でも数が少なく探すのが大変です。ようやく見つけたとしても、日当たりが極端に悪かったり、部屋が汚かったりとか、本来はペット可ではないのだけど、入居者がいないためにペット可にしているということがみえみえの残念な物件が多いのも事実です。またマンション等で高層階に住んだら、やはり猫や犬を絶対にベランダに出さないようにしなければなりません。

こちらもストレスになりますが、ペットに全く外の空気を吸わせられないのもまた可哀そうです。そうしたこともあり、ペット可物件を探していると、一人暮らしでも自然と一戸建てに目がいったりします。今住んでいるところも、そうした事情で決まった一戸建て物件です。もっとも一戸建てといっても、内部では隣家と一部構造がつながっているテラスハウス形式なのですが、見た目も構造もほとんど一戸建てです。実家にいたころはずっと一戸建てでしたが、一人暮らしでの一戸建てでの生活はここが初めてです。

やはり最初はいろいろと戸惑うことがありました。それまで住んでいたマンションよりも、ご近所づきあいには気を遣うことになります。まず最初の引っ越しのあいさつも、マンションだと周辺の部屋だけでいいですが、一戸建てに住むとその範囲も広がりますね。またどの辺まであいさつしたものかは悩みました。あと、困惑したのがゴミ当番ですね。これは仕方なくゴミ当番の日は仕事を遅刻していますが、忙しいときなどは少し困りものです。近所づきあいでいうと、近所の口うるさいおばさんにつかまって困ったこともありました。ですが、欠点はいくつかありますが、やはり一戸建ての生活は、私にも猫にも概ねは快適であると言えるかなと思います。

Share on Facebook