大震災と不動産活用について

大震災で家を失ったり避難してきた人に、宿舎などを貸し出すというものがありました。これが、不動産活用だと思います。無駄にあいている部屋を役立てることができるならば、会社としても社会貢献しているので良いことだと思います。これに限らず、何かあったときには貸し出すなどして、どんどん不動産活用をしてほしいと思っています。ただ経っているだけでも不動産は役に立たないので、これからは空物件の活用が重要な時代になると思います。

今までは、不動産活用の実績がいまいちだったと思います。ホームレスが増え続ける原因にもなっているのではないでしょうか。もっと、無駄に空いている部屋などを社会のために開放しても良いのではないかと思います。所有者にとって、不動産はどういう存在なのか分かりませんが、社会の役に立つとしたら協力しても良いのではないかと思います。不動産業界はイメージが良くないので、イメージアップのためにももっと社会貢献していってほしいです。

不動産活用するとしたら、国の補助のようなものが必要だとも思います。貸している期間は利益を生まないわけですから、その期間の扱いをどうするべきかが重要だと思います。社会貢献だけさせて、金銭的負担を増やしてしまっては不動産活用につながらないと思います。そうならないためにも、もっと補助について考えてほしいです。家は、生活にとって一番重要なものであるので、家のない人に積極的に貸し出してほしいです。それが、不動産活用だと思います。

Share on Facebook