マンション投資の際のリスクを考慮する

マンション投資には、長期的に安定的な利回りを求めるといったことがあるといえるが、リターンがあれば、それだけリスクもあることを考慮する必要があります。マンション投資をする人にとっては、どのくらいのリターンを想定して投資をするのでしょうか。またマンション投資というと、ワンルームマンションの投資というものが想像することができます。これは、一般的なアパート等の経営とどういった違いがあるのかをみていきたいとおもいます。

マンション投資とアパート等の経営にははっきりとした違いがあります。それは、アパート等の経営には最終的に土地が残るということがあります。これに対して、ワンルームマンションへの投資には土地が残るといったことはありません。ワンルームマンション投資は、区分所有物件への投資であることから、その投資は、土地が占めるその割合はきわめて小さく、土地などはほとんど残りません。このように区分所有とは、建物の一部を購入する方法です。

また、ここでのマンション投資には、利回りの点で比較的低いものになります。一般的にワンルームマンション投資では、年4%程度が普通であるといわれています。この利回りは今後どう変動するかは予想できません。また他にもワンルームマンションへの投資は、その投資した一室が空き室が空室になると、収入がなくなるというリスクが出てきます。このようにマンション投資には、リターンがあればリスクがあることをしっかりと頭に入れ、その投資が妥当なものであるか慎重に判断することが必要になります。

Share on Facebook